スーパーファミコン

ライブ・ア・ライブ - 西部編・現代編をプレイよ!

更新日:

西部編「放浪」


スポンサーリンク

あらすじ

アメリカ西部開拓時代、

おたずね者「サンダウン」が放浪中に訪れた町サクセズ・タウンは、無法者集団「クレイジーバンチ」の横暴におびやかされていた。

彼らの目的は「金」、かつてこの町はゴールドラッシュで賑わいを見せた歴史を持つ。

この町のバー「クリスタル」に入ったサンダウンは、言いがかりをつけてきたクレイジーバンチの一人パイクを倒してしまう。

逃げ帰ったパイクが仲間を引き連れて復讐しにくるのは明白である。

西部編のゲームシステム

西部編はちょっと変わってて、冒険に出てザコと戦って宝箱からアイテムをゲットする、といったようなRPG要素はほとんどないです。

メインとなるのは、間もなくやってくるクレイジーバンチ一味の襲撃に対抗する為の罠を探し・作り・仕掛けるという行動です。

罠を仕掛ける部分に関しては町の住民にも協力してもらうことになります。

手順と条件は以下の通り。

  • 建物内を調べて回り、罠にできそうなモノを集める
  • 罠を住民に渡して仕掛けてもらう
  • 但し、鐘の音が8つ鳴り響くまでに仕掛け終わっていなければ罠は発動しない
  • 鐘の音は、一定時間経過する度に鳴る(時間的余裕は結構ある)
  • 罠を仕掛け終える時間は頼んだ住民によって差がある
  • 罠がいくつか発動しなくても、敵の数が減らないというだけでゲームオーバーになるというわけではない

罠がいくつか手に入り次第、その都度バーにいる住民の誰かに仕掛けてもらうのもいいですが、全部の場所を調べて罠を全部揃えてからまとめて頼んでも、ある程度の物は一応間に合います。

罠を仕掛けず全員(15人)を相手にするのはさすがのサンダウンでも倒すのがちょっと難しいですが、仮に3~4人残ったとしても何とか倒せますよ。

 

普通にやるとザコ2名ぐらいは残ると思いますが、ここまで減らせればほぼ余裕です。

というわけで、このシナリオはとても短く、1時間以内に終わると思います。

西部編のポイント

このシナリオのポイントは3つ。

  • サンダウンの正体
  • 賞金稼ぎマッドドッグとの関係
  • クレイジーバンチのボスであるO・ディオの正体

サンダウン

無口でクールな西部編の主人公。

実は元「名うての保安官(反転でネタバレ)で、そのあまりの強さに各地から彼に勝負を挑みに来る無法者が絶えず、逆に町が無法者で溢れかえってしまった為に「自らおたずね者になり町を去った(ネタバレ)という経歴の持ち主です。

マッドドッグ

賞金稼ぎを生業としており、高額な賞金首であるサンダウンを倒すのが目下の目標です。

しかしながら、サンダウンの実力は想像以上でいつも返り討ちに合っており、しかも攻撃手段を排除された挙句逃げられるという始末。

そんな彼らは、このサクセズ・タウンでは共通の敵であるクレイジーバンチへ対抗する為に一時的に手を組むことになります。

ちなみにサンダウンが強いのであって、マッドドッグが弱いのではない為、数人程度のクレイジーバンチなら彼一人で倒すのは容易い腕前であると思われます。

O・ディオ

クリスタルバーのマスターによると、全滅したはずの第7騎兵隊(アメリカ陸軍)の生き残りで、クレイジーバンチのボス。

なぜ元軍人がこんな荒くれ集団のボスをやっているのかは後で判明します。

バトルでの注意点は見ての通りガトリングガンで、食らうと700~999ぐらいのダメージを食らう為、攻撃範囲に入ったらダウンはまず確定です。

というか、西部劇でガトリングガンってのがセコい。

でも、逆に攻撃範囲にさえ入らなければそれほどでもない。

倒すと「(ネタバレ)に姿を変え走り去って逃げていきます。これについては、住民の一人であるアニー曰く、

あの『(ネタバレ)に死んでいった騎兵達の憎しみが集まったのかしら…

サクセズ・タウンの住民

アルファベットは罠を仕掛ける時間が早い順で、Aがよくできる人です。(罠によっては例外あり)

保安官

保安官なのにクレイジーバンチをのさばらせているのは、もちろん本意ではない

彼らに手を出すことによって、後のこの町の住民への報復を恐れているからである。

しかし、まだ年端もいかないが正義の心を持つ息子ビリーはそんな父の葛藤を理解できず、父親のことを「臆病者!」と罵るのであった。

ビリー

保安官の息子。

おそらくまだ小学校低学年ぐらいの少年。

バーにやってきたクレイジーバンチの一人パイクが町娘のアニーに手を上げようとした際に、ためらうことなく体当たりを食らわすなど、この町で一番勇気のある人物と言えるが、まだ子供なので大人の怖さ(陰険さ)を知らないからできる行動でもある。

だが、今回サンダウンにやる気を起こさせたのは彼のいくつかのある行為がきっかけと言ってもよい。

アニー

彼女はクレイジーバンチに怯えて暮らす町のヘタレ男どもを見て、嘆かわしく思っている。

兄のマスターとは反対に気が強く、バーに訪れたクレイジーバンチの一人パイクに言い寄られても、派手にビンタを食らわし、マッドドッグにクレイジーバンチ撃退を協力するよう要請された際も、真っ先に承諾している。

また罠の仕掛けの設置も早い。

それに美人。


アスモ
ふむふむ。まさに西部劇って感じだわ。

セシル
…。

アスモ
何?こんな要素もあったって?どれどれ…。

  • マスターポスター ➡ 敵の一人はこのポスターに目を奪われて戦線離脱。
  • アニーのシミーズ ➡ 罠ではないが、アニーに罠の仕掛けをしてもらってる間であれば、アニーの部屋でゲットできる装備品。
  • アニーの着替え ➡ 初めてバーに来た時に誰にも話しかけずに、2Fの中央の部屋に入ると見ることができる。

セシル
…。

アスモ
何々?これらを統合するとこうなる?

アスモ

やめなさい! セシルちゃん!!

セシル
んふ

クリア後

サンダウンは相変わらず放浪の旅を続けるつもりです。

そういう性分ということもあるかと思いますが、一応おたずね者という身分としてはこの町に留まると保安官に迷惑かけることになりますもんね。

保安官も町を救ってくれた借りがある以上、おたずね者だからと言って出ていけとは言いづらいでしょうし。

ところで、保安官の息子ビリーは最初、バーでパイクと一悶着あった時に、肝心な時にいなかった父親を罵り、彼から保安官バッジを取り上げて、パイクを倒したサンダウンの方が保安官らしいと言ってバッジを渡してます。

パパ、ショック…。

しかしラストのサンダウンの去り際、保安官はバッジはもう要らないと言い放ちます。

「形だけではない… 本当の保安官の資格を手に入れた気がしますから!

だそうです。

もうビリーに罵られることも無さそうですね。

また、アニーは当初、クレイジーバンチを倒したらこの町にある「金」を報酬として支払うと言っていたが、実はそんなものは最初から無かったことを明かし、謝罪します。

これに対しサンダウンは金なら受け取ったと答えます。

驚くアニーに対し、

人を…守る事を…もう一度教えられた… あんたたちに!

この言葉を聞いた保安官はようやく彼の正体に気付くことになります。


スポンサーリンク

現代編「最強」

このシナリオの主人公の作画担当はスプリガンやARMSの皆川亮二先生。

あらすじ

格闘家ならば誰もが一度は夢見る言葉がある。

世界最強の座

世界中の格闘技の奥義をすべて習得し、最強の座を手に入れる野望を持つ若者「高原日勝(たかはらまさる)」

彼は最強になる為の旅に出る。

旅に出て、世界中の格闘家から奥義を習得する。

拳を交えて奥義を体得せよ!

現代編のシステム

このシナリオはバトルのみで構成されています。

戦う相手は世界各国の全6名の格闘家達で、彼らの使う必殺技を受けるとその技を習得できます。

FFシリーズの青魔道士のラーニングに似てますが、このシナリオで覚えることができなかったら、それ以降一切覚えることができないわけではないですが、せっかくなので全部食らってここで覚えておくのがこのシナリオの楽しみでもあります。

 

おそらく効率的な倒し方の順序があるのでしょうが、適当な順番でやってもなんとかなりました。

ザコ戦が無いので、レベルアップや武器防具に頼ることができず、意外に難しかったです。

一戦終えたら必ずセーブです。

敵キャラとラスボス

ジャッキー・イヤウケア

アロハシャツを着て、ハットをかぶり、ウクレレを背負った元スモウレスラー

かつては角界で実力ナンバーワンと言われた。

こういうキャラ設定では自分より強い相手と戦う為に異種格闘技戦に出る、みたいなのが多いですが、彼は横綱にはなってません

基本的に離れていると攻撃してこないので、この戦いで覚えられる「アロハリテ」で押し返し(一マス向こうへ押しやる)続ければ、時間は掛かるが何とか倒せました。

たまに押し返せない時もあります。

あと、鬼不動返しを覚えておくと後の戦いで反撃技として活躍してくれます。

トゥーラ・ハン

金髪の白人で、着用している迷彩服でわかるそのまま軍人

実戦で人体を破壊する為の殺人技、つまり関節技を得意としています。

先程のジャッキー戦で覚えた鬼不動返しがあれば、自動で反撃してくれるので、自らは回復に専念してれば、一応それだけで倒せるかと。

ちなみに後ろに回り込むと威力の高いアームロックを喰らうので、前でローキック食らってる方が安全ですよ。

グレート・エイジャ

ドクロの仮面を被った覆面レスラー。

通称「悪の天使」。

こう見えて日本人らしいです。

近・中距離だとカミツキ攻撃で毒を受けますし、離れるとトルネード・ニーでそこそこのダメージを食らう難敵です。

近距離でフランケン・シュタイナーを覚えたら、後はそれを繰り返して何とか勝てます。


ナムキャット

バトル相手選択画面では男とも女ともとれる風貌のムエタイ使い。

その足技の数々は「神の右足」と呼ばれる。

セリフで「ボク」って言うし、何よりバトル画面では上半身ハダカなので、男ですね。

近づくとイナズマアッパーとパンチャマキック、離れるとスパイラル・ニーで攻撃と、なかなかの手強さですが体力はそれほど高くないかと。

アロハリテで距離を取って、近づかれたらフランケン・シュタイナーで応戦することで、何とか倒せました。

森部生士

防御力と回避率が異様に高いですが、代わりに体力は低い骨法使いのじい様。

運悪く痛打あびせ蹴りを連発されるとすぐやられます。

密着して威力の弱い足払いを誘発させ、回復しながらフランケン・シュタイナーで何とか倒せました。

私、フランケン・シュタイナー好きです。

マックス・モーガン

ハルク・ホーガンみたいな姿のプロレスラー。

というか、ハルク・ホーガンそのもの。

ハリウッドスターでもある。

近づくとジャーマン・スープレックスで大ダメージ&マヒで、その後マックス・ボンバーという凶悪コンボを喰らいます。

近づかせない為にも、中距離で弾き飛ばせるアロハリテと、向きを変える事ができるあびせ蹴り、また近距離から弾き飛ばせる鬼不動返し、パンチャマキックなどで近づかせないのがポイントです。


オディ・オブライト

6人全部を倒すと登場するスキンヘッドが特徴的なラスボス。

数珠とか衣装からして破戒僧的な感じでしょうか?

高原は倒した相手とはバトル後に讃え合い良き別れをしてきたが、こやつはその6人を全て殺してきたらしいです。

高原「てめえ… てめえのやってる事は格闘技じゃない… ただの殺戮だ!

 

このバトルでは、覚えた技を駆使すればそれほど苦戦はしないかと思います。

特にあびせ蹴りとジャーマン・スープレックスはかなり使えました。

クリア後

オディ・オブライトが残した苦言のように、今度は高原が最強の座を求める者たちに日々狙われるようになる。

オディ・オブライトはその最強の座を保持するために、自分は人間をやめたと取れる発言をしているが、高原にもお前はどうかな?と問いかけて絶命する。

そして、早速最強の座を得んとする影が高原に挑戦をするくだりの演出でこのシナリオはエンディングを迎える。


 

 

魅惑のオッドアイ。

 

 


スポンサーリンク

-スーパーファミコン

Copyright© キユコブ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.