ジョジョ 第5部 - やっぱり「鏡の世界」はありました。

      2018/11/11

「ジョジョの奇妙な冒険 第5部」は主人公チームがマフィアです。
そして、主人公のジョルノ・ジョバーナはDIOの息子!
とはいえ、DIOの体は頭部以外は第1部の主人公であるジョナサン・ジョースターの体なので、実際はどういう風に遺伝されているのかは不明です。

ジョルノに対する広瀬康一の第一印象は「さわやかなやつでした。」

また後で、承太郎へ連絡した時に「彼は正義の心を持っている」と言っています。

第5部全体を見渡した感じとしても、特に正義の心が強かったジョナサンの血を色濃く受け継いでいることでしょう。

ジョジョの中でDIOは邪悪の化身として、一貫して一切の善良な心を持ち得ない存在として描かれています。
もし、DIOの血を少しでも受け継いでいるならそもそも主人公を成し遂げられないだろうと思います。

ところで、DIOが唯一人間らしかったのは、第1部第1巻の父ダリオの墓前での決心の中で
…母に苦労をかけて死なせ、最低の父親だったぜ。」
とあるので少しは苦労して死んだ母を思いやっているのかなと思いました。


スポンサーリンク


話が逸れましたが、そんな第5部の気になる点は「鏡の世界」です。
イルーゾォのマン・イン・ザ・ミラーの能力です。

「鏡」を入り口としてその「鏡の中の世界」に選択した人間(生物)を引きずり込む。
鏡の中の物質は「死の世界」のもので、「マン・イン・ザ・ミラー」以外、絶対に動かす事はできない。

だそうです。

第5部では、はっきりと「鏡の世界」が存在しています。iluzo and mirror第3部で両右手の男、ポルナレフの妹シェリーの仇であるJ・ガイルのスタンド「ハングドマン」が、一見すると「鏡の世界」を移動するスタンドとして登場しています。

アブドゥルが額に銃弾を受けた後、花京院がポルナレフを一旦車で戦闘から離脱させた時の車内での会話で、

「鏡の中とか鏡の世界とかさかんに言っていますが、鏡に『中の世界』なんてありませんよ・・・ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから」

と、冷静にポルナレフを諭し、さらに、

「鏡っていうのは『光の反射』、ただそれだけです」

我々読者からすると、
イヤ、スタンドとかが存在する世界だし・・・、
と思った矢先ポルナレフが読者の代弁をするかのごとく言います。

「『スタンド』があるなら、『鏡の中の世界』だってあるだろ!」

さすがポルナレフ!しかし、花京院の反応は、

「ないです」

 

花京院の言ったとおりハングドマンは、「光」のスタンドで、光の反射が可能な物質に映りこんでいるだけの存在でした。

しかし、この世を去ることになる花京院の断言むなしく、マン・イン・ザ・ミラーの登場によって「鏡の世界」はやっぱり存在するのでした。


スポンサーリンク

amazon

rakuten

スポンサーリンク

 - ジョジョ