エルシオンクエスト - ドラクエⅢ2周目に旅立つようです。

      2018/03/07

旅立ち

 

シオンママ
「起きなさい。私の可愛いシオンや…。今日はお城へ行く日よー。」

シオンくん目覚める
 
 
シオン
「う~…そうだった、今日はお城へ行かなくては…、それにしても温かい… ん…⁉
 
 
 
 
 
 
 
 
隣のエルさん
 
 
シオン
エ、エルさん…! な、何でこんな所に⁉」
 
 
 
 
 
エルさんとシオンくん
 
 
シオン
…ハッ‼!」
 
 
 
無意識
 
 
エル
「…! ふぁ~ …よく寝た… あ! シオンくん、おはよー!
 
 
 
シオン
「エルさん!何で…ボクのベッドに?」
 
エル
「え?いや、まぁ なんとなく… 人と寝るのって気持ちいいわね。」
 
シオン
「人と…って、いつもこんなことしてるんですか⁉」
 
エル
そんなわけないでしょ!シオンくんだからもぐり込んでみただけよ。…ダメ…だった?」
 
 
シオン
「ダ、ダメってことは… 無いですけど…。」
 
エル
「そう!良かったぁ! シオンくんにお許しもらっちゃった。」
 
 

 
 
シオン
「…⁉ いや、それよりエルさん!人間は基本的に…その…男性と女性は、…そういう…関係でないと一緒に寝たりはしないわけであって…」
 
エル
「…あー なるほどなるほど、例のアレね。恋愛関係というやつね! まぁ…いいじゃない!私、シオンくんの事、好きよ!だから、問題ないでしょ?」
 
シオン
(な、なんかあっさりと言うなぁ…本心かなぁ… まぁウソだとしても目の前でそう言われるのは…悪い気はしないま、まぁ、そうですね…、そういうことなら問題無いような気もしてきました。」
 
エル
「ヤッタ! さぁ、お城に行くんだったわよね? 早く行きましょ、さぁさぁ! レッツゴー!
 

レッツゴー!

 
 
シオン
「…あ、そうでしたね。 では、さっそく準備を…。」
 
シオンママ
あら?エルちゃんも一緒だったの? ウフフッ…シオンもそういう年ごろになったのね。エルちゃん、シオンをよろしくね。エルちゃんだったらきっといいお嫁さんになると思うわ。」
 
エル
まぁ!お母さまったら…、だってさ、シオンくん?」
 
シオン
「…この2人、いつの間にこんな仲に…。 
 
 
 
 
 
 
 


スポンサーリンク

amazon

rakuten

スポンサーリンク

 - ファミコン, ロールプレイング