アテナ - シオンくんはビキニアーマーを攻略した!

      2018/04/15

1987年6月 SNK(開発:マイクロニクス)


概要

ビクトリー王国の王女アテナはとってもオテンバなお姫様。退屈しのぎにお城の開かずの間にある扉をくぐり「幻想界」へと冒険に出る。幻想界は、森、洞窟、海、空、氷、地獄、迷宮、ラスボスエリアの全8面となっており、帝王ダンテがすべてを支配しており、アテナはダンテ打倒を目論む。

アテナ

 


エルです。今回は「アテナ」の紹介よ!

アテナはオテンバなだけあって武術が得意なんだけど、始まってアッという間に最初の武器である「こん棒」が手に入るからあまり腕の見せ所はないわね。武術といってもキックだけだけど!

このゲームではこの武器を徐々にパワーアップしていくことが攻略のカギとなっているのよ。

武器は敵を倒したりブロックを破壊すると出現するわ。こん棒の他には 杖 や 弓矢 、剣 があって、同一種類を連続で取得することでパワーアップさせることができるわよ!途中で種類の違うものをとってしまうと、その武器の最低攻撃力からのやり直しとなっちゃうわ!なかなか厳しい設定ね!

取りたくない武器が行く手を塞いでいたりすることもままあることで、武器が消えるまで待ったりすることもあるわ。むしろ、敵を避けるよりも異種の武器を避けることの方に気を使ったりしがちよ!皮肉なものね。

 

装備は取得するとグラフィックが変わっていくわ。兜や盾や鎧、そして背中に生やす翼なんてのもあるわね。グラフィックの変化については「海ステージ」だと人魚になったりもするわよ!

 

じゃあ、何も取っていない初期状態は一体どんな状態なの!?

 

そうよ!アテナの初期状態は必要最低限の防具を身に着けているだけ、いわゆるビキニアーマーの状態なのよ。ビキニアーマーというより、まったくのビキニだし!

 

鎧を取得すると防御力がアップして攻略はしやすくなるけど、健全な男子ならせっかくビキニアーマーが拝めなくなるとガッカリするとかしないとか。でも、そもそもファミコンのグラフィックでこのビキニアーマーを見て、何か思うところがあるのかしら?私にはよくわからないわ!


スポンサーリンク


ビキニアーマー

そうそう、実は私もビキニアーマーキャラの部類に入る、とシオンくんが言っていたわ。彼によると私の装備は「準ビキニアーマー」とのことよ。

彼は普段はおとなしくて正義感が強くて声が小さいキャラのはずなのに、ビキニアーマーのことになると雄弁だったのよね。私がビキニアーマーという言葉を学んだのはこの時のシオンくんの解説のおかげよ。

 

 

シオン「では、まずビキニアーマーのメリットです。

ビキニアーマーは「アーマー(鎧)」という名称が付けられてはいますが、知っての通りほとんど鎧の役目を果たしていません。

ですが、そもそもゴツい鎧を身に付け、豪快に戦うのは男キャラの役目なのです。ファンタジーで登場する女戦士や女剣士はその身軽さを生かしてこそキャラの特性が成り立つのです。

つまり、軽装備であることが大切ということです。その点このビキニアーマーは必要最低限の面積かつ重さであることからして、女性キャラにはピッタリの装備なのです。」

 

エル「でも生身の部分が多いし、少しでも攻撃を食らったら一撃で重傷を負ったり、死んじゃったりする可能性もありそうだわ。」

 

普通に考えるとそうなります。しかし、そもそも力でどうしても男性に劣る女性が、戦場におもむくからにはそれなりに女性としてのメリットというものが存在するのがファンタジーの世界の特徴です。つまるところ「魔法の力」のことです。

女性キャラはえてして男性キャラよりも魔力が強かったりする、または女性用装備は魔力によって男性キャラと同等もしくはそれ以上の力が発揮できる仕組みとなっているのです。

このことからしてビキニアーマーは魔力によって防御力が高められていたり、物理的な鎧としてではなく、装備することによって装備者の体全体を魔力による防御力コーティングがなされていると考えられます。いわゆるバリアを張った状態のことです。

現実的に考えると防御面のことがまったく考慮されていなさそうなビキニアーマーほど、ファンタジー的に見ると魔力によるコーティングがなされていることが多いです。

 

エル「言われてみればこれにも魔力を感じるわ!」

エルさんの場合は、胸部アーマーと布地のワンピースという組み合わせのようなので完全なビキニアーマーではないですが、さきほどの理屈によるとエルさんの装備は準ビキニアーマーといったところでしょうか。完全なビキニではない上に、外見上の防御効果も疑わしいですし。

 

エル「シオンくん、それだけじゃないわよ。このワンピースの下には…」

 

 

 

さ、さて、続いてデメリットですが、もちろん全てのビキニアーマーが魔力を伴っているわけではありません。特にレベルの低い状態で手に入るものは純粋なビキニアーマーであることが多いです。

中にはビキニアーマーと語っていながらどう見ても布っぽいものでできているもはや単なるビキニ水着のようなものもあります。この場合はさすがに防御性能に関する屁理屈は通じないこともあるでしょう。

しかしながら、布ビキニアーマー…アーマー =鎧 =金属製 なのに 布 を付ける呼び方は矛盾していますが、この装備は決してデメリットばかりではないのです。

何よりも…男性に好まれます!そして、守ってもらえます!

外見が魅力的であるビキニアーマーであるほど、その傾向はより顕著なものになるでしょう。

また、例外として、防御力がゼロやイチだったりなど、極端に防御力が低い装備をあえて好むゲーマーもいます。

 

エル「ふーん…な、なるほどね!よくわかったわ!」

シオン(…わかってないな…。)

 

最後に、ファミコンにおけるビキニアーマーはグラフィックがあったとしても…いわずもがなですよね。大事なのはイマジネーション、想像力です。

某有名RPG の 78000ゴールド もする「あ○ない水着」を買わなかったプレイヤーはいないでしょう!ファミコンのグラフィックに期待などあるはずもないことがわかっているにもかかわらずです!

 

エル「ふむふむ…、とにかく健全な男子であるシオンくんは、私がビキニアーマーキャラだから嬉しいってわけね!」

「…そうだわ! …ほれほれ。」

 

シオン「何やってるんですか!?エルさん!そんな…そのような…!」

エル「観察よ。どうやったらシオンくんが喜ぶかなーと思って。シオンくんの部屋にあった『ビキニアーマーで ぐらびあ』っていう本の人を真似てみたの。どう?嬉しい?」

シオン (…! み、見られた! …しかし、改めて問われると、ぼ、僕はどっちなんだろうか!?ビキニアーマーを装備しているエルさんを見ることができるのが嬉しいのか、エルさん、もしくはビキニアーマーの存在自体が嬉しいのか… うーん…うーん…うーん…)」

 

エル「ねぇねぇ? あれ?…シオンくんが止まってしまっているわ…。」

 


イチゴまんじゅう

この理屈をあてはめてみると…アテナの場合は「例外」ってことよね!装備を強化していくのが前提であるゲームだけど、アテナのビキニアーマー状態を維持したいゲーマーはあえて装備を強化しないことを選択するってわけね。このゲームに限ればその考えは絶対、難しいわよね!

なんなら、ビキニアーマーが見たければ私がいくらでも見せてあげるわよ!例えば、例の「あ○ない水着」をモチーフにしたこのビキニアーマーを私が装備すると…

シオンエルさーん!あっちでエルさんオススメのヴァルハラ特選イチゴまんじゅうのタイムセールやってましたよ!」

エルな、なんですって!?こうしちゃいられないわ!では、みなさん、また次回!」シュタッ!

 

シオン「まさかあのイチゴまんじゅうがあんなに安く買えるなんて思ってもみなかったです。さて、みなさん、アテナの解説の続きはこのボクが…。」

 

(冷たい視線を感じるシオンくん)

 

シオン「あれ…何だかおよびじゃない…ようですね。とりあえず今日のところは…失礼しまーす!」シュタッ!

 


まとめ

結局ゲーム紹介というより、シオンくん流ビキニアーマー論の記事でした。


 

エルはタイムセールにて、ヴァルハラ特選イチゴまんじゅう5個100円でゲットした!(通常1個60円)


スポンサーリンク

 

amazon

rakuten

スポンサーリンク

 - アクション, ファミコン, 横スクロール