スーパーアラビアン - 何がスーパーなのか不明なゲーム

   

1985年7月 サン電子


ファミコン初期にありがちなピコピコしたタイプの単純なゲームで、雰囲気がどこか「スペランカー」に似てますが、こちらの主人公はどんなに高い所から落ちてもへっちゃらです。

主人公の「アラビアン」は古代ペルシャの王子、さらわれたレイア姫を助け出す為に大冒険の旅に出ます。

ちなみに「アラビアン」は王子の名前そのものですが、ペルシャの王子なのに名前が「アラブ人」みたいな感じでなんだかわけがわからないですが、まぁ昔のゲームなんで雰囲気が出てれば何でもいいです。

大冒険と言ってもステージは全部で4つで、なぜかひたすらツボを集めさせられます。

ステージ1は舞台が「帆船」で、ここでツボを集め、次は「洞窟」でツボ集め、その次は「城壁」でツボ集め、最後は「城内」でツボを集めると姫様がニョキっと現れてクリアとなります。

ちなみにこのゲームではステージのことを「ページ」と読んでいます。

アラビアンだけにやはり「千夜一夜物語」に倣って、ページとしているんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

船の規模が違いますが。


スポンサーリンク


 

ページをクリアするとアラビアンがナイフを振り上げてクリアの喜びを表してくれるので、ナイフを持っているのは確実なのですが、ゲーム中ではそれは一切使われず、とにかくキックです。

シビアなパズルゲームというわけではないので、基本的には敵はキックで倒し放題かつ、キックで一直線に飛んでいった敵はその軌道にいる敵を巻き込んで画面外へと飛んで行ってくれます。「シティコネクション」的。

主な敵はどう見てもカラスの「ロッグ」と、ピンク色の謎の生命体「ビンキー」(イモ虫?)です。

ロッグは、親分の「ボスラー」(見た感じ大ガラス)がポイポイと増産してきて、ビンキーは地面からウニョウニョと生えてきます。

どちらも普段はアラビアン同様に地面に沿ってしか移動しませんが、たまにロッグ同士が協力して地面無視で主人公目がけて急降下してきたり、ビンキー同士が協力して同じく地面無視で主人公目がけて飛び掛かってきます。

ロッグはどう見てもカラスですが、ここで初めて空を飛びます。


 

協力アタックと言っても、キックで撃退することは可能です。

問題は少しクリアに時間が掛かるとまだ取っていないツボから、キックが効かない「ガルバー」なる大魔人が現れて弾を飛ばしてくることです。

しかしこれも、いわゆるペナルティな敵かと思いきや、「スーパーボール」を取って無敵になっていればキックで倒すことが出来ます。

スーパーボールは敵を3匹まとめて画面外へ飛ばすと「キン肉マン マッスルタッグマッチ」でミート君が投げてくれる「命の玉」のごとく、画面外から飛んで来るのでそれを取ると一定時間無敵になれます。

ちなみにツボから現れる悪い魔人は登場すれど、ランプから現れる味方の魔人のような存在は特にいません。というかランプらしきものも無いです。

でも安心してください、アラビアン必須の「魔法の絨毯」はちゃんと登場します。

但し、暴走気味ですが


 

4つのページで最もアラビアンの行く手を阻むものが皮肉にも「魔法の絨毯」です。

それぞれ速さの違う3枚の絨毯が交互に行き来しているところを、タイミングを見計らって飛び移りながら上に昇っていくシーンになるわけですが、慣れるまではなかなか上に行けません。

その間にも敵が降ってきたり、ツボから大魔人が現れたりするので、ページ3はなかなかの難関となりますが、昇る経路とコツがわかればあとはタイミングを待つだけなので、それほど苦労はしなくなります。

ちなみにこのゲームでは画面両端がループしていますが、ジャンプをしないとループできません。徒歩だとループできない仕様が影響し、魔法の絨毯と画面の端に挟まれるとミスとなってしまいます。

反対に、絨毯にただ乗っているだけだと画面端に押されて絨毯から降ろされますが、タイミングを合わせてジャンプをすると絨毯に乗ったままループが可能です。

うまくいくと何となく楽しいですが、ループ直後に上段の絨毯に挟まれたりする可能性もありますし、あまりメリットはないです。


 

ツボは基本的には全部取ればクリアですが、そこは一工夫されており、ツボに描かれているアルファベットを画面右上に表示されている順番で取っていくことにより、ボーナス得点が貰える仕様になっています。

ページ4をクリアするとまたページ1に戻りますが、ただひたすら同じようにツボを取るのでは飽きがきます。

そこでツボを取る順番を指定することによって、同じマップなのにさっきとは違う経路を辿ることになり、新たな気持ちでチャレンジすることができるのです!

一周ごとにレベルが上がっていき最終的にはレベル8まで上がりますが、2レベルごとに指定の仕方に変化が現れます。

  • レベル1~2
    指定された順番にツボを取るだけです。
  • レベル3~4
    ツボのアルファベットが「?」に変わり、「H (ヒント)」マークを取るとアルファベットが見えるようになります。
  • レベル5~6
    Hマークを取ってから数秒間だけしかアルファベットを見ることができないので、完璧を目指すなら瞬間的な記憶力が必要です。
  • レベル7~8
    Hマークも無くなってしまうので、アルファベットを見るにはツボに触れるしかなく、さらに指定された順番のアルファベットでないとツボを取ることができなくなっています。つまり、手当たり次第にツボに触れてみましょう!ということです。

指定されると、その順番で取ってみようかな?と思いますし、かと言って指定された順番じゃないと一切取れないという制限を課しているわけでもないあたりは、なかなか融通の利いたシステムかと思います。

 

そこまでやる前に飽きる?

 

…返す言葉もございません。

 


おまけ

 

 

 

 

2時間後…

 

 

 

 

※「レベル数」はいちいちクリアしていかなくても、最初からオープニング画面で選択できる。

 


おまけプラス

 

 

 

 


スポンサーリンク

amazon

rakuten

スポンサーリンク

 - アクション, ファミコン