デジタル・デビル物語 女神転生 - 異形のRPG メガテンの原点 攻略本必携です。

      2018/11/04

1987年9月 ナムコ(開発 アトラス) 「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第29弾


登場人物

中島朱実(なかじまあけみ)

十聖高校(じゅうせいこうこう)に通う天才プログラマーで、このゲームの主人公。朱美という名前ですが、です。

「悪魔召喚プログラム」を開発し、「悪魔ロキ」を現世に召喚することを成功させた末恐ろしい人物で、実はイザナギ神の転生した姿でもある。

腕に装着するタイプのコンピューターで悪魔を召喚・使役することができる。その代わりに魔法は使えない。

ところで、悪魔召喚プログラムを完成させたはいいものの、こんな物騒なプログラムを果たして起動してもいいものか?と中島は悩みます。

悩んだ結果、結局起動してしまったその理由とは、「ある女子生徒からの恋の告白を断った結果、後日その女子生徒の男友達から断った報復で暴行を受けた。その復讐としてとうとう悪魔召喚プログラムを起動するに至った。」とのことです。

白鷺弓子(しらさぎゆみこ)

中島の危機を救うことになる転校生でこのゲームのヒロイン。実はイザナミ神の転生した姿

物理的な力は弱いが、代わりに魔法が使える。

 

イザナギとイザナミ」は、日本神話に登場する神で、兄妹にして夫婦です。

国産み・神産みにおいて日本国土を形づくる多数の子を設けます。


スポンサーリンク


あらすじ

悪魔召喚プログラムで悪魔ロキを現世に実体化することに成功した中島。

しばらくするとロキは中島の命令を聞かなくなってしまい、悪魔としての本性を現し周囲の人間を襲い始め、召喚者である中島自身にも危機が迫る。

その危機を救ったのが転校生である白鷺弓子であった。

2人は熾烈な戦いの末にロキを撃退したが、悪魔召喚プログラムを使用した影響で今度は邪神セトが現世に現れてしまった。

しかしこちらも何とか倒すことができた。

平和が戻ったかのように見えた一方、魔界ではルシファーが大魔王として新たに君臨し、悪魔召喚プログラム事件は結果的にルシファーまでも現世に召喚されることとなっていたのである。

ルシファーは飛鳥の地に魔宮を造り、中島らに倒されたロキやセトを復活させ、人間界の征服を企む。

さらに、やがて脅威になるであろうイザナミを玄室(死者を埋葬する墓室)ごと魔宮に閉じ込めたのである。

霊視によりルシファーの動きを知った中島と弓子はイザナミを助けるべく飛鳥へと向かった。そこにそびえていたのはルシファーの造り上げた大魔宮「デビルポリス」であった。

 

設定

悪魔

このゲームで言うところの「悪魔」と言うのは「敵」のことで、各国の神話や逸話に登場する「神」や「怪物」などがモチーフにされていますが、それでも敵は全て「悪魔」と呼ばれます。

そして、このゲームの最大の魅力がこの敵である悪魔を交渉により仲間にすることができるという点です。

というか、仲間にしていかないとクリアは不可能です。

仲魔

仲間にした悪魔は「仲魔」と呼ばれます。言い得て妙です。

仲魔はレベルアップしないので、より強い仲魔が欲しい場合は仲魔同士を合体させて新たに強い仲魔を誕生させる「悪魔合体システム」を使用することになります。

これを行う施設というのが後のシリーズでも受け継がれている「邪教の館」なわけですが、今でこそ館の主人は普通ですが、初代の主人は頭に壺のようなものを乗せ、体には大蛇を巻き付けた半裸のじいさまというのが、いかにもという感じです。

敵を仲間にするというだけでも画期的なのに、仮にも神や聖獣のような神格を持つ存在を合体の材料にして新たな仲魔を造り出すという設定が斬新で、かつ恐れ多いです。

交渉

悪魔を仲魔にする際の交渉時にたびたび要求されるものとして「マッカ」や「マグネタイト」「宝玉」といったものがあります。

  • マッカ…魔界の通貨単位であり、このゲームの通貨単位
  • マグネタイト…悪魔が現世に実態を維持する為に必要な物質
  • 宝玉(ほうぎょく)…味方一体のHPを完全回復させるアイテム

実用性の高い「宝玉」を連続で要求されるとちょっとためらいがちですが、あとの2つは仲魔になってくれるならと思えば特に差し出すことにためらうことはないかと。

特にマグネタイトなんかいくらでも差し上げます。

マグネタイトは、呼び出した状態で移動するとその仲魔の固有値に従って徐々に減っていくという代物ですが、戦闘後に大体いくらか手に入るので、過剰に戦闘を回避しない限りはマグネタイトが不足するということは無いと思います。

月齢

月齢の概念があり、移動すると新月~満月~新月と変化していきますが、これが満月の時は悪魔達は狂乱状態となっており交渉不可能となってます。

またダーク系の悪魔、例えばゾンビやスケルトン、スライムといった意思の疎通ができなさそうな悪魔や、妖獣や邪神といった思考能力はあるものの混沌を好物としている種族はそもそも仲魔にはなりません。

ちなみに悪魔との交渉は仲間にするだけのものではなく、仲魔にいる悪魔が出現した場合に話しかけると、「私の仲間によろしく」と言って自ら去って行ってくれるので確実に戦闘を回避する方法でもあります。

マッピング

全編において主観視点の3Dダンジョン形式となってますが、現代のゲームのように「オートマッピングシステム」などの類はもちろん無いので、もし自力で進めるなら方眼紙でマップを作成するのが確実です。

一応、「マッパー」という周囲3~4マス分を表示してくれる魔法が存在しますが、あんまり役に立ちません。

ちなみに街中も主観視点で移動となります。

 

大魔宮「デビルポリス」の構造

デビルポリスは6つのエリアから成り立っています。

ダイダロスの塔

この塔の最上階である8階「ミコンの街」がゲームのスタート地点であり、デビルポリスの入り口です。

最上階から進入し、下へ向かって進む形です。

支配者:魔王ミノタウロス

怪力モンスターなイメージのミノタウロスですが、よく考えたら顔…ですよね。

でもなんか恐いのは、筋肉バキバキの人間の胴体に、あの優しげな牛の顔がくっついているというそのギャップだと思います。

ちなみに「ダイダロス」はミノタウロスの神話の中に出てくる名工芸家の名前です。

ミノタウロス討伐後

しず玉」なるアイテムが手に入ります。これは後にあるイザナミ救出イベントで必要となるアイテムの一つです。

また、ダイダロスの塔のエレベーターを使えるようになるので、8Fのミコンの町にすぐに戻ることができます。

エレベーター=リレミト的な感じですね。

 

注目悪魔

ダイダロスの塔ではメガテンの顔とも言うべき悪魔、魔獣ケルベロスが登場します。

レベルの割にステータスが高めなので、しばらくの間メインの戦力となる悪魔なので必ず仲魔にしましょう。

強くてカッコイイので、製作側としても仲魔にすべし!と言わんばかりの存在感です。素直に従いましょう。

ケルベロスは冥府の入り口を守護する、3つの頭・龍の尻尾・蛇のタテガミを持つ巨大な番犬です。

また冥府の神ハデスに忠実で、死者の魂が冥府にやってくる場合は無視しますが、逃げ出そうとする者は捕らえて食べてしまうところがいわゆる地獄の番犬と呼ばれる所以です。

来るものは拒まず、去る者は食べます。

ちなみに、このゲームで仲魔にならない種族である「妖獣」として登場している「オルトロス」はケルベロスの弟です。

私の場合、ファミコンの女神転生と言えばコイツです。

「獣人ヘケット」

初めてプレイした時、敵を仲間にできるという衝撃を受けた時にちょうど仲間にしたのがコイツだったからです。

ヘケットはエジプト神話に登場する女神で、カエルの頭をした女性、またはカエルそのものの姿だったりで、多産・復活を司ります。

カエルはたくさんの卵を産みますしね。

メモ

  • 3Fには次のエリアへ入る為に必要なアイテム「ガルの盾」があるので取っておきましょう。
  • この塔のダンジョンBGMはめちゃくちゃカッコイイです。

天空の街ビエン

その名の通り、本来は天空に浮かぶ街ですが、魔王の攻撃により地上に佇んだ状態になっています。

ドルとガルという門番がいるので、ガルに先ほどの盾を渡すと街に入ることができます。

支配者:魔王メデューサ

この街は人も物も、ほとんどが石にされてしまっています。石化能力を持ったモンスターと言えば、ご存知メデューサです。

石化と言えばメデューサ。これ程ファンタジーものにうってつけのキャラはいませんね。

メデューサはギリシャ神話に登場する女性型の怪物で、彼女の目を見たものを石にしてしまう能力を持っています。

それと、頭髪はすべて毒蛇です。

神話では、ゼウスの息子である半神ペルセウスが直接メデューサの姿を見ないように、女神アテナの盾 アイギス(イージス) に反射して映ったメデューサを見ながら退治しています。

その後メデューサの首はアイギスの盾にはめ込まれ、敵を石化させることのできる最強の盾となります。

メデューサの石化能力は死んでいても使えるようです。

ゲームでもやっぱり「メデューサは睨んだ」とかの特殊攻撃で石化させられるのかなと思いきや、まさかの「コンクリートぶちまけ」攻撃です。

しかも、失敗した場合には、「コンクリートをまいた」→「しかし、何も起きなかった」または「コンクリートは固まらなかった」とテキストが表示されます。

完全にネタです。

でも、コンクリートで街中を石化させていってる姿を想像すると愛おしさを感じます。

メデューサ討伐後

そんなメデューサさんを倒すと「おうしのKEY」が手に入ります。

効能は、

  • これまで通れなかった特定の場所が通れるようになる。
  • 長老から「周遊券」がもらえて、以降はどこからでも街に入ることができる。
  • 後に行くことになるエリアからこの街自体を呼ぶことができる(浮いているので)。

アイテムのネーミングにセンスを感じます。

メモ

●再度、門番のガルに会うと「ロルの魔除け」というのをもらえます。

次のエリアの魔王であるロキの魔法を封じることができます。

 


スポンサーリンク


ヴァルハラ回廊

この回廊は、ダイダロスの塔と次のエリアであるマズルカの回廊を繋ぐエリアです。

支配者:魔王ロキ

中島が最初に召喚に成功した悪魔なので、その因縁は深い相手です。

このゲームのパッケージにも主人公である2人を差し置いてデカデカと描かれています。

ロキは北欧神話に登場するいたずら好きの神さまです。美形ですが、狡猾で嘘つきです。

北欧神話の主神である「オーディン」とは義兄弟で、「雷神トール」とは親友とのことで、このゲームにもオーディンは「魔神」として、トールは「鬼神」として登場しています。特にイベントとかはありませんが、いずれもゲーム内で上級悪魔の位置づけです。

これを踏まえるとあまり魔王とかの悪者って感じはしないですね。

ちなみに「ヴァルハラ」というのは本来はオーディンの宮殿の名前です。

ロキ討伐後

ミノタウロスの「しず玉」に続き「あら玉」が手に入ります。これもイザナミ救出イベントで使うアイテムの一つで、この玉シリーズはあと一つ存在します。

さらにエレベーターが使えるようになります。

「玉」アイテムはエレベーターの起動キーみたいなものなんです。

メモ

●この回廊のB1Fには「リック」というキャラがロキによって鎖で繋がれています。

中島の「つよさ」が15以上あれば助けることができ、助けてあげると仲魔になってくれます。しかも連れている仲魔よりも高レベルの悪魔に変身して仲魔になってくれます。

さらにリックの腕輪なるものをくれます。これはルシファー戦を有利にするためのアイテムの一つです。

 

●また、この回廊には「ラグの店」という専門店があり、迷宮のあちこちに落ちている「アメジスト」と引き換えに特殊な品々を交換してくれます。

 

マズルカ回廊

最上階の8Fでアッチとコッチに分かれている広大なダンジョンです。

支配者:魔王ヘカーテ

ヘカーテはギリシャ神話に登場する冥府の女神で、同じく冥府の神であるハデスやその妻ペルセポネーに次ぐ力の持ち主です。

ハデスが全知全能の神ゼウスやその兄ポセイドンに次ぐ力を持っているということを鑑みるとヘカーテはかなり格の高い女神となるので、魔王として登場しているのもうなずけます。

また三相一体の姿([天上、地上、地下][新月、半月、満月][過去、現在、未来]などを象徴する)で表されることが多いです。

「ヘカーテ」よりも「ヘカテー」と表記されることが多く、エジプト神話の女神ヘケトに由来するとも言われています。

ヘカーテ戦に必要なアイテム

ヘカーテと戦うには道を開かなければならず、それには銀のレリーフが必要で、8Fにいる「ガイア」という人が持っています。

このマッスル男は、アイテムと引き換えにマッカを全額要求してきます。

なんか腹立ちますが、このアイテムは必須アイテムなので、どうせ全額取られるなら渡す前に散財しておきましょう。なぜなら「全額」渡せばいいだけの話ですから。

 

またヘカーテはデフォルト状態だと姿が見えず物理攻撃が効かないので、実体化させるにはラトスの像というのが必要です。

後半側の5Fにあります。

これを取るためにはさらにアレスの首飾りが必要となり、前述の「ラグの店」でアメジストと交換してもらえますが、「アメジスト」そのものでも代用が可能です。

ちなみにヘカーテを実体化させなくても、魔法攻撃は効きます。

ヘカーテ討伐後

玉シリーズの最後の一つ「ふる玉」が手に入り、全部コンプリートです。

また「炎の腐海」直通のエレベーターが使えるようになります。

注目悪魔

このエリアにはこのゲームでも厄介者として知られる「夜魔サキュバス」という悪魔が敵として出現します。

というのも、HPなどは大したことではないですが、一度に大量に出現し「カンデオン」なる電撃系の結構な威力を誇る全体魔法をみんなで連発してくるのです。

そこそこのレベルになっているはずなのに、油断してAUTOで戦っているとあれよあれよという間にHPが激減していき、ヤバイ!と思った時にはすでに全滅してたりします。

複数体で出現することが多く逃げ腰になりがちですが、逃走に失敗して結局カンデオンの餌食になるならいっそ戦った方が良さそうですね。

 

そんな凶悪なサキュバスですが、グラフィックではペタンと座った姿がとてもかわいいキューティーちゃんです。

同じグラフィックの色違いに「幻魔アルラウネ」というのもおり、同じくカワイイです。

ちなみに「幻魔」は合体でしか仲間にならない種族の為、アルラウネと戦うということはないです。

「アルラウネ」は「マンドレイク」の亜種です。

マンドレイク」は地中海から中国西部に生息する植物で、根っこに神経毒を持っています。

古くから魔術などの材料として使用され、鎮痛剤などの薬草として使用されたこともありましたが、効果が強すぎるので現在では使用されることはありません。

また根っこが細かく広く大量にはる為、引き抜くのが大変で、根をちぎりながら抜くときにかなりの音がすることから、マンドレイクの悲鳴を聞いた人間は精神的に著しいショックを受けたり、そのショックで死んでしまうこともある、とされる逸話が生まれています。

ここからマンドレイクという植物の姿を模したモンスターが誕生し、今やファンタジーの定番キャラとなっています。

 

またここは「夜魔ロア」という悪魔が出現しますが、この敵に限らず使用してくる「エナジードレイン」は、使用されるとせっかく上げたレベルを下げられるという極悪魔法で、使用されると100%命中します。

レベルを下げられるとか… なんというトラウマでしょう!

すみやかに「テトラジャ」でガードしておきましょう。

 

炎の腐海

このエリアはその名の通り炎に包まれており、歩くだけでダメージを受けます。

なので、ダメージを無効化してくれる「イザナミの衣」の入手が最優先となります。目指すはB2F「イザナミの玄室」です。

玄室ではイザナミが呪いの仮面で封印されているので解放してあげましょう。

ここまでに手に入れた玉シリーズ、「あら玉」「しず玉」「ふる玉」の3つをそれぞれ「額」「右目」「左目」に入れ、仮面を外してあげると、イザナミのお顔が拝見できると共にイザナミの衣が手に入ります。

支配者:魔王セト

全体的に難しいですが、ここは特にかなりの難所となっております。

ステータス的にも、これまでの魔王とは格が違います。

「セト」はエジプト神話の神で、エジプト九柱神の一柱です。砂漠の神でキャラバンの守護神でもあり、オシリスの弟です。

セトは兄であるオシリスを殺害し王の座を強引に奪い取った為、オシリスの息子ホルスは親の敵討ちを行いますが、この神々の争いは80年間続いた後、セトは敗北します。

ホルス神はエジプト神話の中でもっとも古く、もっとも偉大な神だった為、そのカタキであるセトは悪者扱いに拍車がかかり、またエジプト新王国時代には、蛇やワニなど、人にとって有害な動物はセトの化身として忌み嫌われました。

クトゥルー神話においては、セトは「旧支配者の化身」となっており、旧支配者と推測される一人に「イグ」がいます。イグは蛇の神であらゆる蛇族の父といわれています。クトゥルー神話におけるセトという名前はエジプト神話からの借用です。

これらのことからセトの姿は「蛇」で表されることが多く、エデンの園でイヴに禁断の果実を食べるようにそそのかしたのも「蛇=サタン」だった為、セトとサタンは同一という説もあります。

メモ

●2Fには「魔獣プルーシー」というのがいます。

コイツを倒すとプルーシーのいななきというアイテムが手に入り、これを持っているとセトの直接攻撃を防ぐことができるので、ぜひ手に入れてからセトに挑みましょう。

 

●アンフィニ宮殿側の1Fには底なしの壷なるものがあり、ヴァルハラ回廊で入手できる「リックの腕輪」を持っていて、かつ4Fで「壷の情報」を聞いた状態であれば白龍の玉を入手できます。

これを持っているとラスボス「ルシファー」の使う回復魔法「メディカル」を無効化することができます。

 

●同じくアンフィニ宮殿側1Fにルースの小瓶というのがありますが、これは「マッパーを使うと開くことのできる扉」の前を通過すると、小瓶の中の小鬼ルースが「あやしい」と教えてくれるアイテムです。

このアイテムを持っており、かつ、中島の「つよさ」「ちりょく」「うん」が合計48以上であれば、ビエンの街の2Fにて最強の剣「ヒノカグツチの剣」を入手することができます。

ヒノカグツチはこのゲームには登場しませんが、イザナギ・イザナミの子供です。

ヒノカグツチは火の神ゆえに、イザナミは彼を産んだ時の火傷が原因で死んでしまいます。

その後ヒノカグツチは、怒ったイザナギに斬り殺されてしまいます。

その後、斬られたヒノカグツチの血から数人の神が誕生することになります。

なんだかカオスな話ですね。

 

アンフィニ宮殿

デビルポリス最後のエリアで、青の広間赤の塔から構成されています。

青の広間は広大な上に各種トラップが仕掛けられており、マッパーだけで進むことはまず不可能かと。

赤の塔は、狭いけれどトラップまみれです。

支配者:大魔王ルシファー

赤の塔の最上階に待ち受けるラスボス!

迫力を出すためか、描かれているのは上半身だけです。

あと、ステータスはHPが8000で、他は全部最高値の20です。

lucifer3

ルシファーは、正統キリスト教によると堕天使の長であり、サタンと同一視されてます。

ルシファーは元は全ての天使の長でしたが、神に反旗を翻し、神の敵対者となり、サタンとなりました。

ルシファーは天使たちの中で最も美しく、天使の中で唯一背中の羽が6対12枚あったとされます。現在の天使長ミカエルや4大セラフと呼ばれる他の3人も3対6枚しかありません。

ちなみにルシファーとサタン同一説はいろいろな解釈があります。

 

あとがき

女神転生は「悪魔という古代からの象徴」と「コンピューターという現代の象徴」を混ぜ合わせるという画期的なシステムをさらに進化させつつ、現在に至るまで様々なシリーズが派生しており、個人的にはドラクエやFFと同格のRPGかと思ってます。

退廃的でサイバーな世界観はメガテンシリーズ特有で、他では味わえない良い味出してます。

加えて…、

女性タイプの敵がやたらとカワイイ!

 


おまけ

ラクシュミ

 

正しくは「ラクシュミー」と語尾を伸ばす。ヒンドゥー教の女神で、美・富・幸運・豊穣を司る、とにかく景気のいい神様です。

反対に、貧困と不幸を司る女神「アラクシュミー」という姉がいます。

なんと正反対な姉妹ですこと!

 

ラクシュミーは、蓮華(ハスの華)の目と、蓮華の色の肌を持ち、蓮華の衣を纏っており、腕が4本あり、睡蓮を持って、蓮の上に立った姿で表されます。

夫はヒンドゥー教の最高神の1人「ヴィシュヌ」です。メガテンシリーズでもおなじみの最強クラスの魔神です。

 

仏教にも取り込まれており、「吉祥天(きっしょうてん)」と呼ばれています。

母に鬼子母神、夫に毘沙門天を持つ、福徳安楽を授け仏法を護持する天女様です。

 

また、吉祥天は「弁才天」と混同されることがよくあります。弁才天はメガテンでもおなじみの「女神サラスバティー」のことで、七福神の一人でもあります。

「弁財天」と表記されることもあり、「弁天」様とも呼ばれます。

amazon

rakuten

スポンサーリンク

 - ファミコン, ロールプレイング