魔天童子 - 主役は私だ!

      2017/12/31

1990年8月 クエスト

目次
・旅立ち
[天界] 1. 魔天山 / 
2. 天上宮 / [冥界] 3. 餓鬼界  / 4.焦熱界  / 5. 灰冥宮  / エンディング

 


旅立ち

私の名は天童。天丼?違います、テンドウです。matendoji-tendo

ある日、家宝の宝珠が突如光りだしたのです。それと同時に、飼ってた犬が喋り出しました

matendoji-inu

犬が言うには、

  • 犬は、自分が天上界の犬で、私自身は天上界の王子である。
  • 冥界に住む悪の化身灰冥王が天上界を滅ぼし、私と犬が最後の生き残りである。
  • 赤子だった私を守るために犬は神犬の力を「宝珠」に封印し、灰冥王を倒す時を待っていた。

との事です。

突然の出来事で何が何だかわかりませんでしたが、とにかく犬が宝珠をひとつ選べというので火の玉が使える宝珠を選びました。

この宝珠の名前は『天譴十法 (てんけんじゅっぽう)』と言うそうです。

なんて難しい名前なんでしょう!

火の玉は精神力を具現化して飛ばすことができるそうです。後で判りましたが、この火の玉の攻撃力かなり低く、剣を使った方が敵をすぐ倒せます。要は使いようってことになりますが。

 

少しショックなのが、天上界に住む犬なので相当お歳を召しているせいか、ずっと一緒だった 犬が自分のことを「わし」と呼ぶ ことでした。

なんとなくもう少しかわいらしい喋り方のキャラであってほしかったような・・・。

 

ついでに白々しく残り2つの宝珠も選ぼうとしたら、「それは無理だワン」と犬に言われました。

ちなみに残りの2つの宝珠と合わせてまとめると以下のようになります。

天譴十法 (てんけんじゅっぽう) の宝珠最初から「火の玉」を飛ばす能力が備わる。
 (みこと) の宝珠を延ばす。
驥足 (きそく) 宝珠跳ぶ力が強くなる。

 

宝珠を選び終えると早速犬が「灰冥王を倒す旅に出発だ」と言いました。

私に選択の余地は与えられませんでした。

まぁ…仕方ないですよね。犬は使命を果たす為にこの時を待っていたのですから。


スポンサーリンク

.


天界

STAGE 1 魔天山

犬は「天上界」って言ってたのに、掛け軸には「天界」と書いてありました。どちらが正しいのでしょうか?

どっちでもいいですって?

確かに

 

それにしても天上界って結構簡単に来ることができるものなんですね。

あと、この辺の魔物なんかは楽勝です。

何せ、私は物心つく前から精神修行の一環で、日々鍛錬を怠ることが無かったものですから。今思えば、無意識に灰冥王を倒す宿命を感じ取っていたんだと思います。

 

この魔物達は倒すと「金」をポロポロと落とします。この天上界のどこで「金」を使うんだろうと不思議に思いながらも、折角なんで全部拾ってきてます。


 

しばらく進むと、この場所にふさわしくないおなごを発見しました。魔物が人間に化けて罠にかけようとしているんだと思いましたが、好奇心が上回り接触してしまいました。

私はまだ好奇心まっさかりな年頃なのです。もし罠だったとしても人生そんなものです。

 

結果、おなごは魔物ではなくお店の店員のようです。店名は「テンドナルド」で、どこかで聞いたような名前です。

しかし、こんな場所まで来て物を売るとは見上げた根性です。

 

なるほど、「お金」はここで使えるのです。

拾っておいてよかった。

品名説明
がんばりそう薬草
かっとびぐつ (かっ跳び靴)一時的に「跳ぶ力」が上がる
火の素の巻物一定時間「火の玉」を飛ばせる
犬笛十字キーの上を押すとすんごいことが起きる
けんめいがん (懸命丸)「お供に飲ませてあげたらきっと喜ぶ」
てんてんくん魂の数(残機)を増やす人形
いっぱいだそう「食べさえすればもう体力は完璧」
てんめいやく (天命薬)寿命が延びる

 

これらを見てわかるように、いくつかは宝珠と同じ効果を得られる品物が売られているのです。

つまり、宝珠で得た能力は永久に持続するらしいのですが、購入したアイテムで得た効果は一時的なものということです。

 

犬笛」は吹くと犬が攻撃をしてくれます。

このアイテムに至っては、そのあまりの強さにもう全部犬に任せようかと一時思い悩んだほどです。

さすが神犬。


 

買い物をしていると突然店員が「臨時ニュースを聞きますか?とのこと

 

店員による臨時ニュース 
「以前から行方不明だった「つきのびと」の月姫さまが、魔物の手によって天上界のどこかに捕らえられていることが明らかになりました。」

 

自分でアナウンサーやるんですね…。

 

姫? 天上界の住人でしょうか?

生き残りがいたんですかね?とにかく助けてみましょう。

ニュースの最後に店員さんが自分のことを「りんぷー」と言っていました。店員さんの名前です。

漢字で書くと「鈴風」。

 

いや、それよりも鈴風さんの表示、やたらと大きくないですか?

主人公の私よりも目立ってますよね!?


 

今はそれほど欲しい物も無いので店を後にしましたが、しばらく進むとまたしても鈴風さんがいました。

火の玉の軌道アイテムであるけんけんだまというものにいたっては簡単ですが図解まで沿えて解説してくれます。

 

鈴風
「ブーメランのように、くるっと回ってひらりと帰ってきますよっ!matendoji-rinpu-attack-motion-sd-1

 

それと、よく死ぬので残機数を増やす「てんてんくん」が欲しいところですが、如何せん高額商品なのでまだ買えません。

クレジットカードでも作っておけばよかった。

そんなものは持ってませんが、試しに「買う」を選択してみます。

 

鈴風
「お客さま!お金が足りないようですが・・・!」

 

当然ですね、

ですが、ダメもとで何回か買うを選択してみました。すると突然鈴風さんが怒り出したのであります!

 

鈴風
「お金が足りないって言ってるでしょ!? からかっているならいい加減にしてよねっ! ったく、ざけんじゃねーよっ! おめーの顔なんかもうみたくねーやい! ふんっ!あばよっ!!

 

matendoji-rinpu-sd-angry

 

口悪すぎません…?


 

…気を取り直して、

この地域の最後の方まで辿り着くと、どうやらここを仕切っているらしき魔物が2体いました。ボスです。

「戦士風の魔物」とその上空には「小悪魔風の魔物」のコンビのようです。

なんかよくわからない攻撃をしてきますが、冷静に切りつけていけばどうってこともなく撃破できました。さすが私です。


スポンサーリンク


.

STAGE 2 天上宮

魔物解説
ガーゴイル飛びながらなんか落としてきます。
モグラ床に潜った状態で泡みたいなのを出してきます。
床を滑ってきます。
モアイもどきヘンな動きをしてます。
戦士と犬私の犬の色違いの犬と鎧をまとった戦士です。
どこからともなく矢が飛んできます。
白い顔雪のように降ってきます。
竜巻に乗っかって竜が飛んできます。

 

鈴風さんはここでも商売に励んでます。

先ほど怒らせてしまったので入店をためらいましたが、どうやら大丈夫なようです。よかった。

 

ここ売られている火の玉の軌道アイテムは以下の通りです。

 

鈴風
ひょうろくだま
みたいにふらふらするのは私、あんまり好きじゃないわっ!!」

→  くねくねふらふらと飛んで行き、2つに分かれて攻撃するmatendoji-rinpu-attack-motion-sd-2

 

鈴風
かんしゃくだまは扱いには注意して!爆発したら誰も止められないから・・・、たくさんの弾がくるくる回りながら飛んで行きまーす。目を回さないように気を付けてね。」matendoji-rinpu-attack-motion-sd-3

 

鈴風
「炎の魔物をやっつけるにはごーたまが一番よっ!一見普通の弾と同じだが、炎の魔物には効果てきめん。」

 

鈴風の臨時ニュース
「魔天山の主、パイタンブイヨンが先ほど遂に成敗されたそうです!しかし、それを聞いた父親「カンウー」が大激怒!復讐を宣言しました。」

 

さっきのボスコンビ2体はそんな名前だったんですね。おいしいダシコンビだったようです。


 

私、実はこのステージでいいことに気付いたのです。スタート地点の穴は落ちても死なないのです。

そして、落ちた後は倒したコウモリが何回も出現します。ということは…お金がたくさん稼げるということです!

魔物の出現数には制限があるのでこれを利用しない手はないでしょう。

 

卑怯者ですって?

しょうがないじゃないですか、ステージが進むごとに店のアイテムの値段が上がる上に、死ぬとアイテムも無くなるんですから。

お互い様ですよ。

 

最初のステージで鈴風さんを怒らせてしまったお詫びに、今回は稼いだお金でたくさん買いました。

すると今度はこんな反応が返ってきました。

 

鈴風
「私の為にこんなに買ってくれたのね!なんてお礼を言ったらいいか…
戦いが終わったら必ず…私を迎えに来てねっ…ぽっ」

 

 

こ、これは期待していいのでしょうか…?

しかし水をさすようですが、アイテムは鈴風さんの為ではなく、自分の為に買ったわけで…。

 

臨時ニュースに出てきたカンウーはうすうす想像していましたが、関羽雲長のことでしょうか?

そういえば関羽は商業の神様として祀られてましたね。それならもし会えたら鈴風さんに紹介してあげたほうがいいですね。


 

2回目の鈴風さんを通過し、最初の穴に落ちてしまった時のことです。

先ほどの臨時ニュースで聞いた関羽らしきヤツがいたのです。緑の衣装青龍偃月刀を持ったそのいで立ち…関羽にしか見えない。

 

彼にある程度ダメージを与えるとどこかへ去って行ってしまいました。そして周辺を舞っていた蝶々女の人の姿になったのであります。

見た感じだと、この人が臨時ニュースで行方不明になっていた「月姫」殿ではないのでしょうか?

助けたお礼に「月のみかがみ」なるものを頂きました。

これは画面内の敵を一掃できる隠しアイテムだそうです。

 

ここは通常は気付かない場所っぽいので、先ほどの武人はカンウーではないと思います。

ステージの最後に出てくるあの馬鹿デカいボスが「カンウー」のようですね。

このデカイやつについてはを使えば簡単に倒すことができました。

 

そもそも関羽が我々の敵のわけがないですよね。

.


冥界

STAGE 3 餓鬼界

このステージはなんとおどろおどろしい世界なんでしょうか!? 周り一面が餓鬼の顔で埋め尽くされています。

色んな餓鬼行動
跳ね回る餓鬼 / 這いずる餓鬼そのまま跳ね回ったり、這いずってくる餓鬼です。
下から生えている大きな針に刺さった餓鬼針に刺さったまま上下し、攻撃してきます。
天井から生えている大きな針に刺さった餓鬼何やら液体を吐きかけてきます。
餓鬼の手床から生えてきます。
壁の餓鬼ビクビクした後、動き出します。

 

餓鬼達が私よりも目立っている!

 


 

こんなカオスなステージにも鈴風さんは店を構えてます。よほどお金が必要なのでしょうか?

それとも私の為に頑張ってくれているのでしょうか?

いや、そもそも普通の人間が「冥界に足を踏み入れることができるのでしょうか?

鈴風殿は一体何者

 

鈴風の臨時ニュース
「大嵐が接近中です!その為、一時餓鬼集中豪雨があるでしょう!またところによってはにわか「げろもありますのでご注意を!!」

 

年頃の女子に「げろ」なんて言わせないで!

 

ニュース通り、ステージのボスは餓鬼集中豪雨でした。

.

STAGE 4 焦熱界

このステージは上下は溶岩で囲まれていて、その溶岩が上下から襲ってきます。

 

鈴風の臨時ニュース
「焦熱界で発生した大火事は以前として収まりそうもありません!お出かけの方は「ごーたま」をお持ちになってください!!」

 

大火事が続いているような状態であってこそ「焦熱界」という名称なのでは?

それと、鈴風殿いわく「ごーたま」は炎の魔物に有効だそうですが、火の玉を当てるのは逆に魔物にとって有利なことなんじゃないかと思う次第です。

 

魔物解説
ピンクで丸いヤツ跳ねながら小さな玉を四方八方へ飛ばしてきます。
火の精霊っぽいヤツ床のくぼみで待ち構え、通過すると、頭をトゲにして上に跳ねてきます。
火のゴーレム赤いゴーレムです。

 

ここのボスは、赤い岩がユラユラと飛び回って体当たりしてくるだけの、急に迫力の無いボスになってしまいました。

.

FINAL STAGE 灰冥宮

さぁ、最終ステージです!敵がわんさか出てくるし、軽く迷路になっていて長く感じます。

 

鈴風の臨時ニュース
「嵐は依然として収まりそうもありません。雨がますます強くなり、ところによっては 雷 も発生しています!道に迷わないようにご注意を!!」

 

魔物解説
戦士と犬再登場です。
フライング目玉玉を一気に飛ばしてきます。
その他既出の魔物たち 

ボスは2連戦です。

オレンジ色をした大きな武将姿のヤツが、その巨体に似合わずピョンピョンと跳ねて近づいてきます。

足場がよく見えませんが、落ちて死ぬということはないようです。

 

倒すと床が崩れて下に落ちていき、最深部にはエンマ大王みたいなのが現れます。

どうやらこいつが灰冥王のようです。一族のカタキ!

灰冥王は口から赤い溶岩を飛ばしてくるだけですが、天井がポロポロと落ちてくるので避けないとなりません。

しかし、天井の方は落ちてくる数に限りがあるので最終的には落ちてこなくなります

うーん…、弾切れを起こすようなやつが天上界を滅ぼしたとは思えませんね。

いや、それとも私が強くなりすぎたのでしょうか?

.


エンディング

やりました。

一族のかたきを打つ事に成功しました!


なんか喋って、犬!
(喋りません。)


そうだ!鈴風さんを迎えに行かなくては!
(そんな演出ありません。)

 

 

何事もなかったように2週目が始まりました…。

 

結局、一番目立ってたのは鈴風さんではないかと思う次第です。

あと餓鬼たち

 

 

私、主人公なんですけど!?


 

amazon

rakuten

スポンサーリンク

 - アクション, 横スクロール, ファミコン