月風魔伝 - エル先生の攻略授業

      2017/10/26

1987年7月 コナミ


 

じゃあ、授業を始めるわよ!

今日の授業は「月風魔伝」よ。

 

 

まずこのゲームのタイトルなんだけど・・・

「げつふうまでん!」

ちょっと!!いきなり正解を言わないでちょうだい!せっかく「げっぷうまでん」と間違えてもらおうと思ったのに!

 

まぁいいわ。

なぜこのように読むのか?それは、主人公の名前が「月 風魔 = げつ ふうま 」だからよ!

 


スポンサーリンク

あらすじ

「西暦14672年、地上を統治していた月氏(げつし)の3兄弟の前に地獄から蘇った悪鬼・龍骨鬼(りゅうこつき)が現れ、地上の征服を目論んだ。
月氏3兄弟はこれを阻止しようと奮闘するも龍骨鬼の力は想像以上で、長兄、次兄は殺されてしまったあげく、伝家の霊刀・波動剣を奪われてしまった
かろうじて生き延びた末弟の風魔は兄のカタキを討つと共に、波動剣を取り戻す為にただ独り龍骨鬼に挑むのであった。」

「先生!このあらすじにはミスプリントがあります!西暦が1万年を超えちゃってます。」

大丈夫。それは合ってます!

実はこの物語は超未来の話なのよ。そして、龍骨鬼は地上を魔界へと変え、さらにわざわざ年号まで「魔暦元年」と変更しちゃったのよ。

「でも、先生、このゲーム画像を見る限り、どう見ても昔の話って感じがしますが。」

想像もできないほどの時間が経つと、想像もつかない状態になっているものなのよ、きっと!
文化が何周も回帰して、まるで中世のようになってしまったんじゃないかしら?

 


ゲームの進行

龍骨鬼が支配する世界は本島の狂鬼島(きょうきとう)と、鬼顔島(きがんとう)・獄門島(ごくもんとう)・三首島(みつくびとう)の3つの離島から構成されていて、3つの離島のボスが持つそれぞれの波動剣を順に取り返していくことになるわ。波動剣を3本とも取り返したら最後に狂鬼島にいる龍骨鬼をやっつけるのよ!兄上たちのカタキ!

月風魔伝のマップ

 

各島はフィールドマップになっていて、その途中に鳥居(ほこら)や地下迷宮などがあるわ。フィールドと言っても、プレイヤー1人分の幅しかない道で構成されているから、鳥居があると必ず入らなきゃならないわ!

鳥居に入るとこのゲームのメインパートである横スクロールアクションステージに変わり、端まで辿り着くと鳥居を通過したことになるわ。鬼や骸骨などの敵キャラクターが徘徊しているエリアもあり、接触した場合は鳥居よりは短めのアクションステージへの突入となるわ。

とにかくフィールドではアクションは無いということね!

祠では情報を得たり、回復してもらえたりできるわ。また、道具屋もあるわよ。

 

「先生!鳥居をスルーできないなら、やっぱりドラクエで言うところの「ルーラ」みたいなのとかが後々使えますよね?」

そんな便利なものは無いわ!戻る場合は、来た時同様にアクションパートをこなさなければならないわ!ファイト!

 

 

それと、地下迷宮は3Dダンジョンになっているわよ!これが結構広くて、地図も無いから結構手こずるわ!「女神転生」同様方眼紙にマップ作成が無難だと思うわ!

「先生!そこまでしないと攻略できないダンジョンなんですか?」

「女神転生」ほどの複雑なダンジョンではないから必ずしも作成の必要はないけど、簡単なメモでもしておけばちょっとはラクになるわよ!

3Dダンジョン内にも敵とのエンカウントがあって、アクションで戦うことになるわ。最初は慣れない操作になると思うけど、慣れるまでファイトよ!

また、ダンジョンのある地点に行くと、えべっさん(恵比寿さま)がお金をバラまいてくれて、お金が稼げるボーナスステージが存在するわ。でも、実のところ一個あたりの巾着に入っているお金は小額で、いっぱい拾っても大して稼げなかったりするのよね・・・。でも、景気のいいステージだからBGMはノリノリよ!

 


 

「先生!これアクションゲームですよね?なんだか長丁場のゲームになりそうですけど・・・」

安心して。ゲームオーバーになると、「語り部のおばあさん」が復活のパスワードを教えてくれるわ。お金が半分になっちゃうけどね。

 

 

それに、このゲームはアクションがメインだけど、ちゃんと経験値システムを搭載しているわよ。

敵を倒すと経験値によって、画面左上の「けん」のメーターが徐々に上がっていって、攻撃力がどんどんアップしていくわ!

一撃で倒せなかった敵を、一撃で倒せるように成長していくのが楽しいのよね!

ちなみに風魔の攻撃は、刀で円を描くように斬りつける感じなのが特徴よ。叩きつけたり、刺したりとは違うこの斬り方は、斬ってるって感じがして私は好きよ!でも、リーチはそんなに長くないし、連射性能も低いから結構敵の攻撃を受けちゃうけどね!

 


攻撃アイテム

風魔の攻撃方法は最初は刀だけだけど、新たな武器を道中で拾ったり、道具屋で買ったりすることで徐々にいろんな攻撃方法を身に付けることができるわ。メインの刀攻撃の次は飛び道具よね!序盤に手に入る飛び道具で「守り太鼓」というのがあるわ。

「先生!太鼓で攻撃する、というイメージがわかないんですけど。」

確かにそうね。でも、この太鼓はれっきとした攻撃アイテムで太鼓を叩くと「という漢字が飛んでいくのよ!斬新でしょ?序盤はかなりお世話になるわ。でも、そんなに射程距離は長くないし、連射性能も悪いけど、刀よりは射程距離が長いから敵の攻撃方法に合わせて使い分ければちゃんと活躍できるアイテムよ!

 

後半になると、「手裏剣」が手に入るわ。武者姿の時代の飛び道具といえばやっぱり手裏剣はかかせないわよね。

「先生!このゲームの舞台はやっぱり昔の話でしょ!?」

そ、そう実は・・・いいえ!超未来よ!手裏剣の魅力が見直されたのよ、きっと!
手裏剣は射程距離が無制限で、一気に縦に3個並んだ状態で飛んでいくわ。上空方向に対して格段に攻撃しやすくなるわね。

 

さらに、ちょっと変わった中距離攻撃として、自分より下にいる敵に対して効果を発揮する「呪いの爆薬」というのがあるわ。ボウリングのように地面に沿って火の玉を転がし、しばらくすると爆発するというもので、窪んだ部分に敵がいる場合などに有効よ!玉が大きくて変わった攻撃方法だから、敢えてこの攻撃でゲームを進めるのも楽しいわよ!

 

そして、最終的には「魔性のコマ」というアイテムを手に入れると・・・

「攻撃判定のある回転ジャンプになるアイテムですね!」

ちょっと!!このゲーム一番のお楽しみアイテムの説明をしようと思ったのに!とても簡潔に説明してくれちゃったわね!

 

 

まぁいいわ。

ジャンプがそのまま攻撃になるから使い勝手は相当いいわよ!つまり、自分自身が飛び道具になっちゃうみたいなものね!ジャンプして体当たりしまくればいいんだから、爽快感が増すこと間違いなしよ!

敵の放つ炎などの遠距離攻撃もこれで体当たりすればかき消すことができちゃうわよ。

 

あと、「岩の剣」というのがあるけど、これは攻・・・

「名前からして強そう!岩をも砕く強さを誇る剣なんですよね!?」

ちょっと、あなた!話は最後まで聞きなさい!これは攻撃用ではなくて、横スクロール面で通せんぼしている壁を破壊できるようになるアイテムよ!

 

そして、このゲームのキーアイテムである「波動剣」も実は武器として使えるのよ!但し、3本とも取り返した後だから、使う機会はラスボスに対してぐらいだけどね。波動剣は、振ると炎が放射状に飛んでいく、打撃と遠距離攻撃を兼ねたお得な武器よ!

 

 


その他のアイテム

お守り」は一時的に防御力がアップするわよ。「霊薬」は体力が回復する赤い液体よ。

色的に私は飲みたくないわ!

3Dダンジョン用として、方向を表示してくれる「方向石」や、ダンジョンを照らす「ろうそく」があるわ。

「先生!それぐらいは最初から備えてあっていてもいいと思うんですが。」

確かにそうね。でも、私の好きな「ドラクエ1」でもダンジョン内を照らす為のアイテムとか呪文があったわ。やっぱり地下ダンジョンっていうのは暗くて、それを照らすにはそれ専用アイテムが必要、としておくのが当時のゲーム製作のリアリティへのこだわりだったのよ!

 

敵を倒した時に出現する「」を取ることで体力メーターが少し回復するわ。

そして、「ワラ人形」を取ると残機が増えるわよ。

「先生!そんな不吉なもの拾いたくないんですけど。」

大丈夫よ。実際はワラ人形には見えないから!それに残機を増やすという行為はファミコンゲームでは必須行為よ!なぜなら私はゲームがヘタク…言わせないでよ!

 

 


スポンサーリンク


狂鬼島~鬼顔島

ここからはマップと攻略経路の解説をいれていくわよ。

 

まずは狂鬼島 南部の東のS地点からスタートよ!

下のマップの各鳥居の数字は進める参考よ。

まずはお店aで「岩の剣」をゲットよ!それから鳥居5へ行けば岩壁に囲まれた「守り太鼓をゲットできるわよ。

main-island-a

ほこらA~C ⇒ おばばのお話よ。
ほこらD ⇒ 邪鬼とバトル。勝利すれば1枚目の鬼面符ゲットよ!
ほこらE ⇒ おじじが回復してくれるわ。何度でもOKよ。

鳥居5 ⇒ 岩の剣がないと通れない場所があるわ。その壁と壁の間に守りの太鼓が置かれているので頂いちゃいましょう。
鳥居7 ⇒ 岩の剣が必要よ。

お店 a 価格 効果
霊薬 100 体力を回復できるわ。3Dダンジョンでは取ったその場で消費されるわよ。
呪いの青玉 100 横スクロールステージで使用できるわ。画面内の敵を全滅させるわよ。
岩の剣 200 横スクロールステージの一部道を塞いている壁を破壊できるわよ。
お店 b 価格 効果
霊薬 100  
呪いの青玉 100  
守り玉 100 周囲にバリアを発生させるわよ。一定量のダメージで消えちゃうわ。
お店 c 価格 効果
霊薬 200  
守り玉 200  
呪いの衣 200 一定時間無敵よ。触れるだけで敵を倒せちゃうわよ。

鬼門① ⇒ 鬼面符が1枚あれば門を通過できるわ。

 


鬼面符とボスとザコ敵

島を移動するには「鬼面符」が必要になるわ。いわゆる通行手形よ。これは「邪鬼」を倒すと手に入るわよ!邪鬼のいる祠ではそこの「番人」に戦うかどうかを聞かれるので、準備OKなら戦っちゃいましょう!

 

鬼面符を持った状態で鬼顔島へ通じている門に行くと、門番の鬼が「通ってもいいオニ!!」と言ってくれるわ!

「・・・。」

ここは笑うところよ!

 

 

各ボスへつながる三途の川ステージの橋に登場する敵は見た感じだと武蔵坊弁慶ね!でも、弁慶がいた橋は五条大橋だし、弁慶は別に三途の川の番人でもないし、色々混ぜ合わさっちゃってるわよ!

 


鬼顔島three-island

ほこらF ⇒ おじじのお話しよ。

お店 d 価格 効果
方位石 250 3Dダンジョンで方角が表示されるようになるわ。一回買えばずっと使えちゃうわよ。
ろうそく 200 3Dダンジョンで周囲が明るくなるわ。一回買えばずっと使えちゃうわよ。
お守り 600 体力が減りにくくなるわ。装備する必要があるわ。
お店 e 価格 効果
霊薬 250  
呪いの赤玉 250 3Dダンジョンで敵を一撃で倒せるわ。青玉の3Dダンジョン版よ。
呪いの爆薬 500 地面に沿って転がっていって爆発する武器よ。なかなかクセのある武器よね。
お店 f 価格 効果
霊薬 150  
呪いの青玉 150  
守り玉 150  

 

鬼顔島の3Dダンジョンは大体こんな感じ。

maze01-kigan-island

 

第一のボス

鬼顔島のボスは「独眼独頭(どくがんどくず)」と呼ばれる、兜を被った一つ目の空飛ぶ巨大生首よ!目が怖い…!

倒すと波動剣一本目ゲットよ!ゲット後の演出がシブくてなかなかイケてるわよ。

「先生!ゲット演出の時に見える、風魔の鎧に顔が描かれていますが、これもしかして後で攻撃ができ・・・」

できないわよ!鎧の顔はただのデザインよ!でも、せっかくだから、鎧も進化してこの顔での攻撃とか補助動作があればよかったかもね。私の希望としては、喋って攻略のアドバイスをしてくれるパートナーになって欲しかったわ! そう!「『D』の左手」のように!

ボスを倒したら本島・狂鬼島へ戻るわよ!

 


狂鬼島~獄門島

ほこらG ⇒ 番人に金200払って、さらに邪鬼とバトルして勝利すれば鬼面符2枚目をゲットよ!

お金を払っても、結局邪鬼とも戦わなければならないなんて…がめつい番人め!

 

鬼面符をゲットしたら、狂鬼島北西部へ向かうのよ。

main-island-b

鬼門② ⇒ 鬼面符が2枚あれば門を通過できるわ。門番の鬼のセリフ「ごおかあく!!」

 

第二のボス

獄門島のボスは「凶骨牛骸(きょうこつぎゅうがい)」と呼ばれる巨大な骸骨の武者で、浮遊させた4本の剣を自在に操って攻撃してくるわ!

ボスらしい姿だけども他のボスに比べるとイマイチおどろおどろしい感じがしないのよね。その原因は他と比べてちょっとカッコイイからじゃなくって?

 

獄門島

ほこらH ⇒ おじじのお話しよ。

お店 g 価格 効果
守り玉 300  
呪いの衣 900  
手裏剣 900 飛距離無制限の手裏剣を縦に3個同時に放つわよ。これは買いね!

 

獄門島の3Dダンジョンはこんな感じよ。最短経路のみ記しておいたわ。

maze02-gokumon-island

ボスを倒したら本島・狂鬼島へ戻るわよ!

 


狂鬼島~三首島

ほこらI ⇒ 8回入ると鬼面符3枚目をもらえるわ。
ほこらJ ⇒ おじじが回復してくれるわ。何度でもOKよ。

鳥居20 ⇒ 魔性のコマがあるので必ず取っておきましょう!

お店 h 価格 効果
霊薬 400  
呪いの青玉 400  
守り玉 400  

鬼門③ ⇒ 鬼面符が3枚あれば門を通過できるわ。門番の鬼のセリフ「おとおりめされい!!」

 

第三のボス

三首島への鬼面符は何回か祠に入って話しかけるともらえるわよ。めんどくさいヤツね!でも、代わりに邪鬼とのバトルは無かったわ。

 

三首島

ほこらK ⇒ おじじが回復してくれるわ。何度でもOKよ。

 

 

 

狂鬼島北東部のアクションステージに和風ステージがあるんだけど、ここの敵が一番印象的だったわ!

 

この画面に潜んでいる敵がわかるかしら?

月風魔伝の満月

 

「障子の向こうから飛び出してくる!」

残念!そんなまともなものではないわよ。

 

 

 

 

 

正解は・・・この満月よ!

月風魔伝の満月

まさか満月が落ちてきて体当たりしてくるとは思わないでしょ!?しかも、こいつは倒せないわ!正確には敵というより障害物ってことね。また、壁に貼られたお札が飛んでくることもあるわ!

鳥居18 ⇒ ここから満月攻撃が始まるわ。これを考えた人はプレイヤーがどんな反応を示すか、さぞワクワクしてたでしょうね。

 

それと、この三首島から出現するクマのような敵も厄介だったわ!動きも早いし、穴に落ちても空中部分を走り続けるし…ダメージを喰らった反動でよく穴に突き落とされたわ!

「先生!穴に落ちるとどうなりますか?」

もちろん一発アウトよ!

「ヒュー」って効果音を鳴らしながら落下していって、風魔が落ちた後で「死」の一文字が下から戻ってくるという演出が用意されているわ!

そこまで死を強調しなくてもいいのにね。

 

さらに進むと、火車のような敵が登場するわ。クマ同様、スピードが取り柄の敵よ。

「火車?」

悪い行いばっかりしてた人は死んだ後、この火車によって地獄に強制連行されるのよ!強制地獄直通タクシーね!でも、このゲームではいたってコミカルな動きをするキャラよ。

鳥居22・鳥居23

月風魔伝の敵

 

三首島のボスは「龍頭鬼尾(りゅうとうきび)」と呼ばれる、大きなダンゴ虫みたいなやつよ!

このボスは前哨戦として3人組の忍者っぽいやつらと戦うことになるわ。彼らは魔性のコマを習得しているなかなかのツワモノどもで、ある程度ダメージを与えると3人が合体して空飛ぶダンゴ虫になるという寸法よ。

ウロウロと浮遊しながらの体当たりと、上下にある頭から火の玉で攻撃してくるわ。魔性のコマを使えば余裕で倒せちゃうわよ。

 

三首島の3Dダンジョンはこんな感じよ。それと最短経路よ。

月風魔伝のマップ

 


最後のボス

さて、いよいよ最後の敵ね!

龍骨鬼は狂鬼島北部の大きな城にいるわ!この城の場所へは南部の出城からいくことができるわよ。こいつはラスボスだけあって3回も変身してくるわ。

第一形態は魔法使い風、第二形態はやたらとガタイのいい騎士風、そして最終形態は骨でできた巨大な恐竜の姿に変身よ。炎を吐きながら、伸縮自在な腕を操って攻撃してくるわ!

こいつが悪の親玉の龍骨鬼よ!

ryukotsuki

第2形態の騎士の攻撃、こんなに体が大きいのに小さなナイフのようなものを投げてくるわ。体が大きいから剣もナイフに見えるのかしら?いや、風魔の剣と見比べてもこれはやっぱりナイフよね!

それと、こいつは持っている盾で波動剣の大念動波を跳ね返してくるわ。その辺はさすがラスボスね。

最終形態では、心臓部にある赤玉を狙わないとダメージが与えられないわよ。伸び縮みする手がかなりの邪魔ものよ。

 


エンディング

龍骨鬼を倒したら、エンディング演出と、横に流れるスタッフロールがあるわ。何かヘンテコな名前が多いわね。

「先生!時代劇によくある横流れのスタッフロールって・・・やっぱりこのゲームの舞台は昔の話なんじゃないですか!?」

いいえ・・・超絶未来よ!

 

 


まとめ

アクションに経験値システムを取り入れることで徐々に強くなっていく充実感があり、登場する敵も様々で、意表を突いた攻撃も多く飽きさせない。フィールドマップにアクションステージに3Dダンジョン、迫力のあるボス戦にカッコイイBGMの数々と、よくできた作品で、今やっても面白いゲームだと思います。

いわゆるクソゲーと呼ばれるソフトがたくさんありますが、同じ「ファミコンソフト」という土俵で比べるとソフトの作り手次第でここまで差ができるもんだなと感心せざるを得ないです。

エルちょっと!!管理人さん!最後に急に出てきてまとめだけ述べるなんて卑怯よ!しかも、このゲームは良作ですね、なんて上から目線で語って・・・その良作をここまで解説してきたのは私・・・ガミガミ ブツブツ

 

 

 

管理人「最後まで目を通していただきありがとうございました。また次回もご覧いただけたら幸いです。」

 

エル「また見に来てね!」

 

amazon

rakuten

スポンサーリンク

 - アクションロールプレイング, ファミコン